さて、いよいよ両手熱演の型式に入ります。曲の最初

さて、いよいよ両手熱演の型式に入ります。曲の最初から始める物品いいのですが、その前に、ちょこっと曲のつくりを研究してみましょう。ピアノひよっこ向けの特訓曲は、ちゃんと見ると、最初から最後までいつも違う文言ばっかりは、短いものです。ほぼは、どこかで同じ文言が繰り返されていらっしゃる。わかりやすくスタイルをあげてみましょう。たとえば高名童謡のチューリップ、「咲きそろう~咲きそろう~(右 ドレミー、ドレミー)」の文言は、初期といった後半の2回登場しますよね。
デリケートゾーン 臭い 原因
つまり、初期の「咲きそろう~咲きそろう~(右 ドレミー、ドレミー)」の文言をエキスパートできれば、後半のおんなじ文言コンポーネントもはじける筈…ですよね!それほど、「ここってここは、おんなじことをやるんだ」を見つけておきましょう。すると、まさかエキスパートやるスケールがコンパクトに言えるものです。先ほどのチューリップならば、「咲きそろう~(右 ドレミー)(左側 ドソミド)」だけを徹底的にやってください。ほら、分離特訓することで、結果的に曲全体のアパート、すでに12小節のうち4小節はエキスパートできたことになりますよ!。